EPSON
税務会計ソフトFAQ

贈与税の繰越処理では種類別財産入力のデータは引き継がれませんか?

贈与税の繰越処理では種類別財産入力のデータは引き継がれませんか?

繰越処理では財産を削除するため、引き継がれません。
翌年に贈与された財産を新規に入力します。

memo————————————————————————————————–

Ver.18.20以降、「現金預貯金等」と「有価証券」の財産データは繰越することができます。
——————————————————————————————————–
—-

翌年も同じ種類の財産の贈与がある場合など、財産を残して翌年用の贈与税案件データを作成する場合は、案件コピーで作成します。

■操作手順

1.データ選択で[作成]→[案件コピー]を選択します。

2.案件コピーのコピー方法選択で、「通常コピー」にチェックします。
「全て」(初期値)が選択されていることを確認して、[実行]をクリックします。

3.案件基本情報で「申告年」、「贈与年月日」などを変更します。

memo—————————————————————————————————-
翌年用の案件データを翌年版に移行するには

翌年版を起動して、次のいずれかの手順で[旧バージョンデータ読込]を起動して、移行します。

・案件選択で[旧データ読込]ボタンをクリックします。

・業務メニュー[保守]タブ→[旧バージョンデータ読込]を選択します。

・[ファイル]→[旧バージョンデータ読込]を選択します。

———————————————————————————————————-