EPSON
税務会計ソフトFAQ

仕訳が入力されている状態で会計期間を変更したい。

仕訳が入力されている状態で会計期間を変更したい。

Image
財務R4 Ver.20.15から、仕訳・伝票入力後の会計期間と設立日の変更に対応しました。
変更は[保守]のプルダウンメニューで「会計期間の変更」をクリックして行います。(タブメニューにはありません)
※以下の制限事項がありますのでご確認のうえご利用ください。
※財務応援R4 Lite for IKX以外のシステム利用できる機能です。

Image

■財務R4 Ver.20.15以降のバージョンでの変更手順

①会計期間(新)の期末年月日を入力します
※会計期間を1年未満(短縮)に設定する場合は、以下の②を行ってください。
②設立日に期首年月日を入力します
③の会計期間(新)が変更されます
【例】会計期間:令和2年4月1日~令和3年 3月31日を
令和2年4月1日~令和2年10月31日に変更したい場合

Image
以下の制限事項があります。
■会計期間を変更する当期期首残高以外の発生残高・累計残高・予算高は、すべて削除されます。
比較資料を作成する場合は、お手数ですが残高の再設定が必要になります。
【削除される残高】科目別(主/補助)残高、部門別科目残高、工事別科目残高
■期末整理仕訳は変更後の期末に変更されます。
■消費税申告書や各帳票を出力時に、処理期間の指定が正しいか見直してください。
■会計期間を変更すると、「会社基本情報変更」の情報も変更されます。
■次のいずれかに該当する場合は、会計期間の変更はできません。会計期間変更を確定するとエラーメッセージが表示されます。
・データ共有、仕訳送受信、会社送受信、保護をしている場合。
・繰越処理済みの場合。(翌期データが作成されている)
・数字確定月がある場合。
・仕訳入力がない場合。(仕訳がない場合は[会社基本情報変更]で会計期間を変更してください)
・取込仕訳チェック画面に未確定仕訳・取消仕訳がある場合。
・変更したい会計期間(会計期間+翌3か月)以外に仕訳がある場合。
・電子帳簿保存をしている場合。
・第1四半期、中間、第3四半期に仕訳がある場合。
・原価管理しているデータの場合。

■財務R4 Ver.20.10以前のバージョンでの変更手順

仕訳がある状態では変更できません。次の手順で変更してください。
①バックアップを作成します。
②「連動」タブ→「仕訳データ作成」で必要な仕訳データをファイル作成してください。
③仕訳一括削除で仕訳を削除後(取消仕訳も抹消します)、会計期間を変更します。
会計期間の変更は、期末年月日を変更して行ってください。
設立1期目の会社は、会計期間の下の設立年月日を入力すると1年未満の会社を作成することができます。
④「設定」タブ→「会社基本情報変更」で会計期間を変更します。
⑤「連動」タブ→「仕訳データ取込」で②で作成した仕訳データファイルを取込します。