EPSON
税務会計ソフトFAQ

【法人税電子】拡張別表のページ数が足りない場合の運用方法

拡張別表のページ数が10頁より多い場合、電子申告する方法はないですか?

拡張別表の法人税は、10頁まで作成できます。
((別表九(二)等、一部100頁まで作成可能)
法人税の帳票は、法人税R4で作成できるページ数よりも多い場合、電子申告R4に連動後に「e-Taxソフト」を経由して追加することができます。

以下の手順で行います。

例)別表十七(四)を15頁作成したい場合

 1⃣法人税R4で10頁まで入力する。

①「08.拡張法人税」の「拡張別表選択」で、別表十七(四)を選択します。

②「拡張法人税」の別表十七(四)で、10頁入力します。

2⃣電子申告R4で法人税データの取り込みを行う。

①通常の手順で電子申告R4で「法人税R4」から取り込みを行います。

②この時点では別表十七(四)をプレビューすると、10頁まで表示されます。

③「e-Tax(Pcdesk)へ」でxtxファイルを保存します。

3⃣e-Taxソフトに組み込んで、残り5頁分追加する

①e-Taxソフトを起動し、「申告・申請等」の「組み込み」からで保存したxtxファイルを選択します。

②「申告・申請書一覧」に表示されたデータをダブルクリックで開き、「帳票一覧」から追加したい別表
を選択後、「次葉追加」で残り5頁入力して「作成完了」します。

③「申告・申請書一覧」に戻り、追加したデータ選択後、「切り出し」にてxtxファイルを保存します。

4⃣電子申告R4でe-Taxソフトで追加したファイルの取り込みを行う。

①「e-Tax(Pcdesk)から」で、Imageで保存したxtxファイルを選択して「開く」で取り込みます。(取込完了メッセージが表示されます。)

②データ選択して別表十七(四)をプレビューすると、15頁まで表示されます。

③内容を確認して、「電子署名」して、e-Taxに「送信」します。

※他の別表に影響する項目がある帳票の場合は、追加分も考慮の上転記してください。
※合計行がある帳票の場合は、追加分も考慮の上作成してください。