EPSON
税務会計ソフトFAQ

料率配信受入 料率配信受入をしているのに、計算条件に料率が反映されない

料率配信受入画面を起動し、「1.『計算条件』の保険料率(従業員負担分)を、自動配信の保険料率に書き換えます。」の下に『計算条件』の保険料率・自動配信の保険料率の表が表示されるかどうか確認してください。

料率配信受入画面を起動し、「1.『計算条件』の保険料率(従業員負担分)を、自動配信の保険料率に書き換えます。」の下に『計算条件』の保険料率・自動配信の保険料率の表が表示されるかどうか確認してください。

料率配信受入

表が表示される場合
料率配信受入画面を閉じる際、[実行]ではなく[閉じる]をクリック(または右上の「×」で終了)したと思われます。
自動配信の保険料率を計算条件に反映する場合は[実行]をクリックしてください。

表が表示されない場合
最新料率を反映する処理月を選択していないと思われます。処理月選択を確認してください。
処理月選択が正しい場合は、最新料率が自動配信されていない可能性があります。Eiボードを起動し、[管理メニュー]→[共通マスターの取り込み]→[マスターデータの更新確認]で最新料率が配信されていることを確認してください。社会保険関係料率マスター」の適用開始日が古い場合は、[確認]→[ダウンロード]でマスターデータのダウンロードを実行してください。
ネットワーク環境で、「社会保険関係料率マスター」の適用開始日が最新にもかかわらず、料率配信受入画面が正しく表示されない場合は、サーバー機でマスターデータのダウンロードを実行してみてください。

 💡 注意 
料率配信の自動ダウンロードは年間プログラム保守サービスにご加入のお客様向けのサービスです。保守にご加入されていない場合は、[計算条件]の設定で直接料率を設定してください。(ライセンス認証でオンライン認証が可能であることも必要となります。Weplat版のCD保守のみ加入の場合は、料率配信の自動ダウンロードはできません。)