EPSON
税務会計ソフトFAQ

「受付」欄が空欄になっているデータの受付結果再受信方法

「受付」欄が空欄になっているデータの受付結果再受信方法

[05.結果確認]欄の[メッセージ一覧]から、受信処理をしてください。

メモ 💡 
個人納税者の国税申告データの受信の場合、電子証明書(代理送信している場合は、税理士用電子証明書)が必要です。


①データ選択画面で、納税者を選択します。

メモ
税理士を選択して以下の操作を行った場合、
・地方税に関しては受信ができない(eLTAXの仕様による制限)
・国税に関しては税理士データのメッセージ一覧には保存されるものの、納税者データには保存されず、完了報告書の作成ができない
となるため、受信する納税者データごとに受信処理を行っていただく必要があります。

②[05.結果確認]の[メッセージ一覧]を開きます。

Image

③[受信(F2)]をクリックし、国税受付システムにログインします。

Image

④送信した方(税理士による代理送信の場合は、税理士)を選択して、受信します。

Image

⑤税理士が国税の受付結果を受信する場合は、以下のメッセージが表示されます。

受信したい受付結果が法人納税者分だけであれば「いいえ」の選択で結構ですが、個人納税者分を受信する場合は必ず「はい」を選択してください。

メモ

  • 「はい」を選択した場合は、電子証明書の認証局選択に進みますので、画面の指示に従って進めてください。
  • 地方税のみの受信の場合、上のメッセージは表示されず、そのまま受信処理に進みます。